• 敬老の日は孫にちなんだものも喜ばれる

    敬老の日というのは母の日や父の日、子供の日とは違って日にちが曖昧になってしまうこともあります。


    特に母の日や父の日、子供の日は5月や6月といった1年の前半に偏っているため覚えやすいですが、敬老の日は9月なので、うっかりしていると忘れてしまうようなこともあります。

    ですが小さな子供がいる家族であれば、敬老の日に近い日程に幼稚園や保育園の発表会が設定されていることもあるので覚えやすいです。

    効率がいい敬老の日に関する情報を公開しているサイトです。

    祖父母と普段からあまり交流のない家庭であれば、こうした学校などのイベントを集まる機会にして、敬老の日のお祝いとしても良いでしょう。また、贈り物も高価なものや喜ばれるものを意識して良いものを購入しようとすると楽しくなくなってしまうので、孫にちなんだものを贈り物にしても良いです。

    祖父母の世代は欲しいものはすでに自分で購入してしまっている、という可能性も高いので、お金を出しては手に入れることができないものとして孫の作品やお絵かきをあげたほうが素直に喜ばれるという可能性もあります。



    子供のお絵かきは、額に入れて飾れば立派な芸術作品になるということで、部屋のインテリアに導入している人は多いですが、そうしたことを提案してみても良いです。

    もしくは、孫の作品とちょっとしたお菓子やお花、といったようにセットにして組み合わせてプレゼントしてみても良いです。
    セットにすることで見栄えがしますし、ちゃんと考えてプレゼントしている感じも出ます。